平成30年11月29日木曜日の修法記

本日の修練は、基本修練をした後、有段者と級拳士に分かれての修練となりました。

・小手抜
攻者、守者共に単演の龍王拳第一系のリズム通りにすることと、攻防手順は覚えているので、意識を、中身を変え、形を変化していくようにと指導をして頂きました。

・袖抜
攻者に袖を引っ張られないように、掴まれる少し前から動き、相手の真正面でなく対角線上に少し下がり鈎手守法をし、抜くときは、肩を耳に着けるように上げて抜くようにと指導をして頂きました。

・片手十字小手
鈎手守法後の手刀切で相手をしっかりと崩し、十字小手をするときは、自分の肘が相手の正中線に向くようにして極めるよう指導をして頂きました。

色々な人と相対することで新たな気付きがあることに改めて気付かせて頂きました。この日の修練、そして前回の修練と、自分より体格が大きい先輩拳士と相対をさせて頂きました。
技を掛けようにも相手の力が強くうまく掛けることができず、気付くと力付くで掛けようとする自分がいました。その時点でまず技の形がしっかり出来ていない事が分かるのと、意識の面で視ると、出来ないからと技の理合いも関係なく無理やり押し付けようとする意識に捕らわれているなと気付かされます。この意識の部分は修練の中だけでなく、普段の日常生活にあるコミュニケーションにあたっても同じ事をしているという自我の表れなのだなと感じます。

この少林寺拳法での気付きが、自身の生活自体の気付きに繋がる事を感じております。

修練での気付きを何にどう繋げるかをこれからの課題として修練に取り組んでいきたいです。

(西岡 大介 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中