平成31年1月27日月曜日の修法記

本日は基本を行った後、復習科目として「(後)流水蹴」「内受突(裏)」「片胸落」「逆蹴地三」を行いました。

先輩拳士には以下のようにご指導頂きました。

「内受突」
●先を取る
相手が攻撃してくるなという意識を感じた時に相手に伝えてみてください。こうして、相手の意識を感じてゆくと先を取れるようになってきます。この先を感じる意識を持って技を掛けるということを意識して下さい。

●動きに区切りをつけない
攻者は突いたらすぐにその手を元の位置に引くこと。守者は内受を行った状態で一度止まり、そこから中段を突いている人がいますが、止まらないこと。動きに区切りをつけずに内受けしてすぐに突くなど、流れを切らないように技を行って下さい。

「片胸落」
●相手を崩した形を作る
最初の手刀で相手を必ず後ろに崩します。この後ろへの崩しがあるから、胸前で相手の手を閂の形に捕りながら、相手を前体重にして落とすことが出来るのです。また、守者の体重移動も注意して行うことが大切です。手刀の時は前体重になり、攻者を落として極める時はしっかり後ろ体重になっているかを確認して行って下さい。

「逆蹴地三」
●攻撃をしっかり行う
金的蹴がしっかり蹴れているでしょうか?金的蹴は相手の股の後ろから前に蹴りをするため、相手との距離が遠いと蹴れません。攻撃がしっかりされると守者もこの攻撃が当たると危ないなという危機感を持つことが出来て、しっかりと拳受する位置や角度が分かってきます。守者の為にも正確な攻撃は必須です。

●体重移動が出来ているかを確認する
逆蹴地三は体重移動が重要な技です。攻者が金的蹴をしてくるのに対して、守者は前体重になりながら拳受で受けにゆき、その拳受を行いながら後体重になって退がります。拳受で相手のエネルギーを貰いながら、しっかり動きを止めること。その後、攻者の手刀切・中段が来るので前体重で外押受したらすぐに後体重で連受を行うのです。最初から後体重になってしまい、後ろに退がり過ぎている人や、お尻が引けている人がいますが、そうなると攻者のエネルギーに負けて入られてしまいます。守者は体重移動をしっかりと意識して技を行って下さい。

【考察】
本日は体重移動の大切さ、難しさを感じました。体重移動は相手との距離を変えることで、誘いや受け、攻撃に繋がる大切な動きです。しかし、私の場合は体重移動が中途半端になってしまうことが多いです。また、腰が引けたまま移動している状態になってしまう場合もありました。
この、体重移動が出来ていないと言うことは、動きが遅いということですが、何故遅くなるのかと考えた時に、心と体が居着いてしまっているのだなと思いました。私は頭でいろいろと考えたり、“恐いな”という気持ちが先に出てきてしまうと、体が緊張して柔軟に対応出来なくなってしまいます。しっかりと体重移動が出来ていれば攻撃が当たらない位置や構えになることが出来て、恐怖心も消えてゆくのではないかと思います。
体重移動をしっかり行うには、居着きを無くす心と、体を創造してゆく他ないと感じました。不安や恐怖の気持ちが出てきても、それをただ観て流せる心と、しっかり動ける柔軟な体を造ってゆくかとが大切だと思いますので、修練以外の時間での体造りと、日常での内観を深めてゆきたいと思います。

(井上 恵以子 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中