平成31年3月28日木曜日の修法記

本日は鎮魂行と基本稽古を行った後、次の法形を行いました。
【天地拳第一系相対】
天地拳第一系の相対を行いました。基本的な形ですが、攻者は上段順突き→中段逆突き→中段鈎突きを行い、それに対して守者は上受け→連受け→打払受け→中段蹴上げを行います。この時に意識することは、まず攻者ですが、相手の急所を狙ってしっかり突くということです。当たり前のことのようですが、これが出来ていないと守者は正確な受けが出来ないので大切なことだと思います。守者ですが、受けで大事なのは手で受ける前に体捌きをしっかり行うことです。体捌きを行わず手だけで受けてしまうと、相手と体格や力量の差があると受けきれないことがあるので、まず体捌きで相手の攻撃線を外すというのが大事だと感じました。
この時に打払受けの修練として、攻者に廻蹴りをしてもらい、それに対して打払受けを行いました。
まず守者は体捌きで急所を外し、攻者の蹴りに対して打払受けをする時に、蹴りの方向に対して真正面に受けるのではなく、少し下から持ち上げるように受けることにより、蹴りの威力は殺され、急所に入れば攻者は勝手に崩れます。
最小の力で最大の効果を発揮するという少林寺拳法の理を学ぶ良い稽古法ではないかと感じました。
【引天秤】
仕掛け技であり、教範には守者の右手を攻者は右手で握り、引き伸ばしながら外方に捻り、肘を伸ばさせて左腕刀で打落して倒すとなっています。
この技で先輩拳士に御指導して頂いた所ですが、天秤なのでどうしても腕刀で倒そうとしてしまいがちですが、腕刀は軽く触れる程度で、掛手の方をメインにして技を行うと教えて頂きました。掛手はただ引いたり捻ったりするのではなく、相手の頭が自然と落ちてくるように上手く誘導して行えば無理なく相手は倒れるということを実感しました。
【考察】
教わったことをしっかり行う上で大事なのは力まず常に自然体でいることだと感じました。技をやろうとするとどうしても力んでしまい自分の意識が外に向いてしまいがちになりますが、そういう時こそ呼吸を整え、外に向いていた意識を自分の中に戻すことで周りも見えてくると思います。
何事があっても常に自然体でいれる自分というものを普段の稽古を通して確立していきたいと思いました。

(大山 雄太 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中