平成31年4月25日木曜日の修法記

今日は先輩拳士の指導の元、級科目の復習を行いました。
指導して頂いたのは以下の科目になります。
「混天一」
横振突の練習としてパンチングミットを用いて攻撃を行いました。横振突を行う時には順突と同じ動きを行います。攻者がその際に気をつけるのは腕を後ろに引いたり、振りかぶるような動作を入れないことです。あくまでも攻撃が分からないようにしながら相手の顎を弾くようにします。力で打つと相手と衝突するので、振り抜いて頭が揺れるような攻撃を行います。

「振天二」
「混天一」と似た攻撃方法の「振天二」もパンチングミットを用いて攻者の攻撃を行いました。
「振天二」の場合の攻者の横振突は相手の後頭部を引っ掛けてくるようにして守者を崩します。崩れたところに上振突を行います。「混天一」の時に比べて間合を詰めて深く入らないといけない。間合の詰め方も意識して行うように指導して頂きました。

その後は有段者の方と組んでいた時に「振天二」の指導をして頂きました。
その際に助言頂いたのは『相手の攻撃が来るのはこれと決めつけて待たないと言う事です。』
「振天二」の一撃目を体捌で躱した際に二撃目が来るのを待っているような状態になっている。もし二撃目が裏拳になっていたら相手の攻撃をもらっている。この技はこういうものだで止まっているよと教えて頂きました。今は法形修練だから同じ攻撃しかしなくても違う動きになったら対応出来ないのでは困る。だから大事なのは相手のことをしっかりと観ることですと指導して頂きました。

考察
今回の修練で感じたのはどういう意識で修練をしているのかと言うことです。同じ技をまたやっているというよりも相手がどんな攻撃をしてくるか分からないところをしっかり見て何が来ても大丈夫という状態を作れていない。また、相手のことを見ているようで自分の頭の中で技をしているというのを改めて感じる事が出来ました。見ることを意識して技をした際に言われて面白かったのが『目力が凄い』という事を言われました。攻者の方がこちら(守者側)が見ているのが分かるから一撃目を躱した後に何か別の攻撃をしにくくなったと言われました。どれだけ自分が見ているようで見ていないのかなと思いました。
意識を集中していなかったのかがよく分かりました。 また別のタイミングでは受け方がおかしいと言われました。ナイフを持っている場合にそのような受け方をしますか?と問われた時に確かに今は何も持っていないから安心して適当に受けれるけれども、もし持っていたら両手で、尚且つ自分の正中線で受けるはずですと、アドバイスを頂いた時にもそのような発想がなかったので、受け方が散漫にもなるよなと思いました。何もないよりはペンを持って攻撃されるだけでも自分自身の意識が変わるのを見ると稽古が楽しく感じる事が出来ました。ただ技に取り組むだけでなく、ほんの少し意識を変えるだけで内容が別物になるのを体験すると面白くてしょうがないと思いました。
一回一回の修練に感動出来るような発見をしていきたいと思います。

(近藤 健太郎 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中