令和元年5月16日木曜日の修法記

5月16日木曜日の修練では、「外切抜」「内切抜」「突天三」「後袖捕」を行いました。

「突天三」
攻撃が遠くまで届いていない。壁の方まで相手を押していくような意識、身体全体でぶつかりに行くように突く。連攻撃が遅いので、素早く行う。膝が伸びて身体が止まっているのでしっかりと前体重で入る。上中二連突を適当に避けているので、攻者は正確な攻撃を、守者はその攻撃をいかに躱すかを考えるように。

「後袖捕」
袖を掴みにくる相手の心を感じる。掴まれて硬直・抵抗せずに自然と足を動かせるように。自然と手が出る、自然と足が動く場所がある。力みを外して動くようにする。正面ではなく背中側に出る意識で行う。

これまでの技を伝授していただく側から、恐れ多くも伝える側に回ることが増えています。そうなって、自分が受けてきた道院長の技を100%まっすぐに伝えられる努力をしたいという思いでおります。

道院長からいただいているアドバイスは次の通りです。

「自分が持っている最高のものを出す。100%出し切って、それを感じてもらう。偉そうに教えるわけでもなく、これくらいしかできないと開き直るわけでもなく、修行不足は自分自身で認識しつつも、今持っている最高のものを出し続ける。それを続けていれば、何をやってもそれしかできなくなる。だから何をやってもうまくいくようになる。天井はない。楽しいことしかない。常に向上し続けること。」

我を捨てて、道院長の技を感じることに集中し、それを曲げずにまっすぐに伝えていくことに尽力したいです。

(梅田 海来 記)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中