令和元年8月29日木曜日の修法記

本日の修練は、基本をした後、有段者と級拳士に分かれての修練となりました。

・腕十字固より立合掌固
足を引きながらの前鈎足をして腰をしっかりと返しながら相手の手を取り、そこから目打から腕十字固までの動きを素早くするようにし、相手を倒す時も、力で倒そうとするのではなくどうすれば相手が倒れやすいか、相手を感じながら工夫をするようにすること。立合掌固をするときは、相手の肩が浮かないように自分の腰を落として、腰を返しながら手を極めること。
私の場合は、手を極めて捻る時に極めた手が戻ってしまっていたので、相手の指から下へ添わせるようにして極めながら捻るようにと指導して頂きました。

・振天二
攻者は相手の三合又は四合の急所へ横振突と上振突をすること。それに対して守者は、最初の攻撃をしっかりと受けにいくと、連でくる上振突への受けが間に合わなくなくので、最初の振突への受けは受け流すようにしながら、自分の正中線から受けを出すようにし、相手の腕の寸脈に受けを出すようにしながら素早く側刀蹴を出すようにと指導して頂きました。

この日の修練で私は、特に振天二をしている時なのですが、やはり攻撃するときに痛みに対する恐怖でしっかりと振突を出す事が出来ませんでした。それと同じで、相手の振突に対して自分の受けが力で出している受けだったので、相手に不用意に痛みを与えてしまっている状態でした。自分自身も振突への恐怖からつい力を入れた受けをしてしまっていましたので、まずは相手を感じることが出来ているかどうかでした。相手の方は痛みを堪えられてらっしゃったので、力のぶつかり合いの修練をするのではなく、相手の状態を感じながらどうすれば相手を痛め付ける事ないようなしっかりとした受けができ、我慢のしあいの修練でなく、気付き高め合えるような修練が体現できるか、目の前の恐怖や自我により視野を狭めるのではなく、視野を広くしてそれを出せるように、これからの修練を励んでいきたいと思います。

(西岡  大介    記)