令和元年9月12日木曜日の修法記

 本日の修練では鎮魂行と基本稽古を行った後、法形科目の復習と法話がありました。

・上受投、閂固

 この法形では、相手の攻撃は捻りを加えて裏手打を行います。その捻りの方向へ上受投を掛けると相手が倒れやすいか、また硬い相手に対しては無闇に肘を離してしまうと余計に緊張させてしまうので、相手の正中線を通るように肘をかけてやるようにすると崩れやすかったので、相手が恐怖を感じないように投げる研究を行いました。閂固は相手の親指側の腕の線を伸ばして、小指側の線から大椎へ向かう流れを意識して掛けること、母指球を潰してしまわないように掛けることを研究しました。

・吊上捕

 この法形では、相手の体勢と足へ影響がないという後輩拳士の方の課題に一緒に取り組みました。先輩拳士からは、右手を取り体側に添わせて上げるか、背骨側へ近付けて添わせて上げるかを相手によって違うということ、多人数を相手にした状況で掛けた相手を盾に出来るような立ち位置に立つことを指導して頂き、その右手の位置を研究しました。また、副道院長から吊上捕を掛けてすぐに相手を投げるということを指導して頂きました。

 ・法話

 まずは言われたことをやる。例えば、右足を出してくださいと言われた際に左足を出しているような場合があったりする。本当に自分は言われたことを素直に出来ているのかを自分自身で省みて下さい、という内容でした。

・考察

 本日の基本稽古で、先輩拳士から気合が小さいという指摘がありました。近頃、道院長から「体構以前に心構がなければ何にも通用しません。逆に心構があれば構えなくとも相手に争いたくないと感じさせることが出来ます。」と教えて頂きました。気合を出すにも自分の中でこの程度でいいかというブレーキを掛けている自分がいました。正直、こういった事を教えて頂くのは非常に恥ずかしいことだと思いました。このような事はわざわざ教えて頂く前に自分自身で気付いていかなければならないと思いました。また、実際法形修練中も、相手を倒す気持ちで行うと相手に与える影響も違いました。本当に普段の修練をどのような心構で取り組むのかを日々自分自身で俯瞰して常に改善向上していかなければいけないと思いました。

(山崎  颯太  記)