令和元年10月24日木曜日の修法記

本日は鎮魂行と基本稽古を行った後、内受と下受の相対、復習科目として「内受突」と大会に向けての技の研究を行いました。

副道院長には以下のようにご指導頂きました。

「順逆の連蹴」
自分の胸から蹴りを出すように
順と逆の連蹴を行う際に、後ろからもう一人の自分が見たとして自分の足が肩越しに見えるように高く蹴ることを意識して下さい。足を前に出して蹴るというよりも、自分の胸から足を上にあげるイメージで蹴りを行うと高く上がります。

「内受の相対」
受ける手と反対の拳は常に相手を狙っておく
攻者は逆突をして守者は内受の相対を行いますが、受ける方の手ばかりを意識して、力で押し返す形になっている人がいます。受ける方の手で相手をどうこうしようではなく、意識して頂きたいのは受ける手と反対側の手です。反対側の手はいつでも相手の中段に反撃出来るという意識を持って受けを行うことが大切です。

自分の動きが相手に影響しているか
内受をして、相手の状態がどうなっているかを意識して下さい。攻者は突いたらすぐ拳を引きますが、拳を引くエネルギーが返って相手が少し爪先立になって崩れます。だから、受ける手に力は要らないのです。自分の動きが相手に影響を与えられているかをよく見て下さい。

技を深めることはあらゆる学問に繋がっている
少林寺拳法の技は他の武道や格闘技に通用しないから他の武道をしますと言う人がいますが、そんなことはありません。少林寺拳法は武道を通して人生のありとあらゆることに繋がっています。少林寺拳法の技についてこれってどういうことなんだろう?と深めていくと「科学」「社会学」「宗教」「人間学」などあらゆることに通じるものなのです。大会があるから技を練習をするということではなく、日頃からもそうですが形や勝ち負け、点数ばかりにこだわらず、 技を通してその奥を知り意識を深めていくことが本当の修練なのです。

〈考察〉
本日の修練では、受けをする時も出す手と反対側を意識することが大切とご指導頂きました。自分も 受ける手ばかりを意識して反対側の手には意識が薄くなってしまっているなと思いました。常に相手を意識して狙っておくことで例え相手に反撃をされても対処することができますし、相手はその意識を感じて反撃しようとはならない形をつくることが大切だと思いました。
毎年、大会に参加させて頂いていますが、自分の意識も変わってきたかなと思います。初めは形やいかに見せるかを考えていましたが、ここ数年は女性として本当に危機に陥った時に使える技とはどのようなものなのかや、技の延長にある動きについてやっと少し意識させて頂けるようになれたかなと思います。もちろんそのことが見る人に伝わらないと意味がないと思いますが、技の深さを伝えるにも普段からそういった意識で取り組まないと出てこないと思います。
大会があっても無くても少しずつでも技と意識ともにレベルアップ出来るよう修練してゆきたいと思います。

(井上 恵以子 )