令和元年12月2日月曜日の修法記

この日の修練では、道院長指導のもと全体で「片手巻抜」を行いました。

・相手が押せる位置に立たない

・手刀切で相手が入ってこようとする線を切り、捉えておく

・巻いて抜くときに足を止めない

・裏拳打・逆突の間合いが完成する

上記の通りご指導いただいた内容の詳細を記します。

【相手が押せる位置に立たない】

まずは背中側に出ることを原則として、その際相手の手首を殺すように鈎手守法を行う。

立ち位置は左前に構えて押してくる相手の、左足小指のラインを意識する。

攻者も鈎手守法を取られたからと思考停止するのではなく、真っ直ぐ立って自由に動けることを確認する。相手を押す際は手で押すのではなく、足から入って全身で押すようにする。

【手刀切で相手が入ってこようとする線を切り、捉えておく】

立ち位置の線を捉えたら、相手がそれ以上入ってこないように線を切っておく。

【巻いて抜くときに足を止めない】

構えから抜きに移行する、その間隙がもっとも弱いところになる。攻者はその間隙を見逃さないようにする。守者はその感激を感じさせないようにする。コツを説明する。

膝・腰(腰椎3番)・肘は繋がっており、それぞれが別々に動くと弱いので、腕十字固から立合掌固を取る要領で、足・腰・肘が同時に出るように体捌きを行う(今は完全に足が動いていないか、動いていても相手が押せる位置の延長で行っている)。

【裏拳打ち・逆突の間合いが完成する】

先ほどの立ち位置で抜くと、裏拳打は当たらないので裏拳突きの間合いになっていた。同様に逆突を突いたとて届かない間合いで行っていた。

相手が押せない位置に立ち、相手の背側に回るようにして抜くことで、裏拳打と逆突の間合いが完成する。

拳理の咀嚼が甘く、特に腕十字固から立合掌固を取る要領で、という足捌き・体捌きは意識していませんでした。

龍王拳は相手の掴んできたものを抜くだけではなく、その力を抜くものだということを言葉や文字では見ていながら、現状衝突を避けた抜き技に終始し、本来影響を与えるべき「相手の力を抜く」という部分が体得できていない状態です。

また「膝・腰・肘を一致させて動かなければ弱くなる」といった心氣力の一致は、抽象的なようで、究極的には大変な極意なのだろうと感じます。

以前道院長に上受突に対する攻撃をさせていただいた際の上受や、今回の抜きなど、雑念を抱きながら形を追うだけでは到底発揮できないような、重厚で、それでいてしなやかな密度のある感触が衝撃的でした。中国武術などでも一形一意であったり、その旨の極意が説かれているように、真に一致した状態とは何であるのかを意識して、一つ一つの動きに氣を込めて、魂を込めて修練や生活に臨みたいと思います。

(梅田 海来 記)