令和2年2月3日木曜日の修法記

 

本日は基本稽古の後、復習科目として「上受投」「引胸落」「巻落」「天地拳第一系(相対)」の修練を行いました。

「上受投」

攻撃を止めるように上受をしていたので、相手の攻撃の勢いを利用して膝から崩すように意識して行いました。

「引胸落」

相手の外側に足を運んでいたので、相手の中心に向かっていくように運歩しました。また相手の拳を胸につけようとして押し込んで間合いが近づき過ぎていたので、拳の位置を変えないように技をかけました。

「巻落」

倒す時に膝が突っ張って上から寄り掛かる形になっていたので、力を抜いて拳に乗りかかっていくように技をかけました。

「天地拳第一系(相対)」

先ず、演武を単演で行っている時と相対で行っている時の形が違っているので、単演の時と同じ形で行うように意識して行います。

1上段順突、2中段逆突、と動いた際に攻者と守者の間合いが遠すぎて攻撃の届かない間合いになっていました。初めに開構で行えば簡単に出来るのに、そうではなくて対構から始まるのは間合いをとる練習も兼ねているためです。守者は最初に開き下がった時に相手の逆突が届く間合いを計って動く必要があります。

また、6打払受、の受けは水平に払うのではなくて、斜め上方に向かって払うようにします。

〈考察〉

修練の場で法形として動きが一定の形が決まっている中で、守者として相手の攻撃を待つ姿勢が全く出来ていないと感じました。先ず、手順を頭の中で思い描いて構えているだけで、身体が動く準備が出来ていませんでした。固めて構えをとっているので、相手の動きを見てから身体を曲げる(緩める)、そして動く、というような無駄な手順を踏んでいるように感じました。

また頭で先をイメージしているので、動きが小さすぎたり大きすぎたりと行き当たりばったりになっていました。実際の目の前の相手から感じるものをふまえて動けるように、勘や氣を捉えるように集注しながら、道場で相対で修練する意味を意識していきたいと思います。

(柴田 千博 記)