令和2年2月27日木曜日の修法記

本日は基本稽古の後、復習科目として「外受突」「打上突」「下受蹴小手投」「吊上捕」の修練を行いました。

「外受突」

腕を振ったりせずに、自分の正中の前で外受をするようにします。また後ろに仰け反っているので真っ直ぐに立つようにします。相手の攻撃を受けてから反撃するという意識ではなくて、出来るだけ早く当身を行う、早く相手よりも動くように意識して行います。

「打上突」

腰を落として大きく下がるようにします。打上受は帯の高さから顔までを守れるように受けるようにして、中段を突かれるか上段を突かれるか分からなくても自分を守れるように意識して行います。

「下受蹴小手投」

下受蹴から小手投への動作の途中、下受をした受手は相手の近くに置いておく必要はなく、級科目の下受蹴と同じく一度自分の前に一字構を戻してから小手投に移ります。

「吊上捕」

相手を倒すだけならその場で倒して固める方法もありますが、吊上捕は連行をすることが可能な状態を作る技です。相手の重心を片足に乗せて重心が浮いた状態を作ります。相手の柔軟性に合わせて極め方の調整は行いますが、極める時に自分の両手が自分の前にくるように、身体と手がバラバラにならないように形を作ります。

吊上捕を受けた時は、手首などを上に持ち上げられたり肩を極められるなどの痛みから逃げたくなるような感覚はなく、自然と自分がつま先立ちになってしまうような圧迫感の無さが印象的でした。

〈考察〉

吊上捕で掛手からの丁字で相手を後ろに向かせた時点で相手が崩れているのに、相手の反対の腕を捕りにいくという時に自分の形が崩れて相手が安定してしまう。逆に極めている腕にさらに力を加えてしまって相手が抵抗や反発をしたくなる、上の方向ではなくて横に押したり引いたりしてしまいズレてしまう。そういうことで形が崩れているように感じました。右手と左手と体幹と別々の動きをしながらも統一感のある動きをすることが課題だと感じました。

手段と目的がすり替わってしまい「いかに腕を極めるか」というようなことに苦心して相手の力の流れや意識の状態を掴みそこなっていました。一見、違うことをやっているような動きの中でも最終的には同じところに集約するような、それぞれの最適な働きと繋がりを意識していく必要があると思いました。

(柴田 千博 記)